親がカードローンで借金。学生である自分の審査にも影響する?

親借金

「親がカードローンで借入中だけで私も借りられるの?」とお思いになる方もいるかもしれません。

お金が必要になって困っているとき、親もカードローンで借入中のため援助を期待できないとなるとカードローンやキャッシングが頼みの綱となりますよね。

では親がカードローンで借入をしていても自身のカードローンの申し込みになにか影響はあるのでしょうか。

親がカードローンで借入中でも学生の子供は借りられる

結論から先に言ってしまうと、親がカードローンで借入中でも子供はカードローンを利用することができます。

これは各カードローン業者が「親は親。子供は子供」という風に親子を独立したものとして考えているからです。

そのため親がカードローンで借入をしているからと言って、その子供がカードローンやキャッシングを利用できないということはありません。

クレジットカードが作れない、利用できないということも親のカードローン利用状況とは関係ないことです。

そのため審査に落ちた人は親のカードローン利用額以外になにか自身に不都合な点が無かったか確認してみると良いでしょう。

学生の子供が借りるときにはここが見られている

学生の子供がカードローンを利用するときに見られるポイントとしては年齢と収入が挙げられます。

まず年齢は満20歳以上でないと申し込めないことがほとんどです。

例外として未成年でも社会人経験があり、結婚をしているとなると審査に通過する場合もありますが、20歳以上であることが原則です。

つづいて重要なのが学生の収入です。

収入の多い少ないはあまり関係なく、「毎月安定した収入を得ている」という事実が必要となってきます。

そのためアルバイトや派遣社員でもいいので、カードローン業者に月々の収入があることを示すと審査に通りやすくなるでしょう。

親がカードローンを利用していても、子供には関係ありません。

20歳以上の学生であればカードローンの審査に申し込むことができます。

しかし返済能力がまだ高いとは言えません。

そのため返済計画をしっかりたてて、余裕を持って返せる額を借りるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする