現在、奨学金借入中。カードローンの審査には影響ある?

奨学金

現在、学生の方で奨学金を借入中の方も多いのではないでしょうか。

低金利でお金を借りられるので便利な制度ですよね。

いくら景気がよくなっても、両親の給料は上がっていないという家庭も多いでしょう。

奨学金だけでは、生活費がとても足りないという人も多いでしょうね。

そんなときに利用したいのが消費者金融や銀行のカードローン。

ですが奨学金借入中となるとカードローンの申し込みに影響が出てくるのでしょうか?

奨学金借入中でもカードローンに申し込める?

結果から言うと、現在奨学金を借りている最中でもカードローンに申し込むことはできます。

キャッシングやカードローンを利用していると個人信用情報機関に借入の情報が反映され、カードローン業者は申込者の借入状況や過去に滞納していないかなどを調べて貸すかどうかを判断します。

しかし奨学金の場合は一般的な借金とは認定されず、個人信用情報機関に登録されないため、問題無くカードローンに申し込むことができるのです。

そのため奨学金を借りていても、20歳以上でアルバイト等で安定した収入があればカードローンの審査に通過することはできると言っていいでしょう。

返済計画に注意

奨学金を借りつつもカードローンに申し込んで、審査に通ったとします。

ここで安心してはいけません。

大切なのは返済です。

カードローンの返済とともに奨学金の返済があることも考慮して借りるようにしましょう。

いくら奨学金といえど、3ヶ月以上の滞納があると個人信用情報機関に情報がいく場合もあるので、そうなった場合今後のカードローンの申し込みに影響が出てきます。

まずは奨学金の月々の返済額を知り、その後カードローン業者の返済シュミレーション等でも毎月の返済額を頭に入れながら借りる額を設定するといいでしょう。

今回ご説明したように、奨学金借入中であってもカードローンに申し込むことはできます。

しかし借りたものは返すのが原則です。

きちんと返済計画を立てて奨学金、カードローンの両者とも問題なく返していける額を借りるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする