学生がカードローン利用が親バレするのはどんな時?

親バレ

いくら親といっても言わずに、秘密にしておきたいこともありますよね。

特にカードローンでお金を借りるとなると「心配や迷惑をかけたくない」と思い、秘密にしたいという学生の方も多いかと思います。

そのためどうやったら親にバレずにカードローンを組めるか知っておきたいですよね。

そこで今回はカードローンを利用する際に親バレしてしまう原因と対処法をご紹介します。

カードローン利用が親バレするのはどんなとき?

カードローンの利用が親バレしてしまう理由として多く挙げられているのが「郵送物」です。

カードローンに申し込むと、契約書類やローンカード、利用明細書といったさまざまな書類が郵送で届きます。

一人暮らしをしている学生であれば問題ないのですが、親と同居中の学生にとってはこれが親バレの原因となってしまうことが多いようです。

他にも親バレの原因とされているのが「電話」です。

返済が滞っていると督促のための電話が自宅にかかってくることもあります。

どこのカードローン業者でも基本的には第三者にはバレないようにしてくれますが、自宅へ電話がかかってきた場合にはバレてしまう恐れもあるので注意が必要です。

親バレしないためのポイント

親バレを無くすためには、まず「郵送物が無いカードローン業者に申し込む」ことが大切です。

プロミスやモビットでは郵送物が一切なく、手続きがインターネット上で完結するため親バレしたくないという学生にはオススメ。

上記以外にもそうしたサービスをおこなっているカードローン業者はあるので、申し込みを考えている際にはホームページなどで手続きのプロセスを確認しておくとよいでしょう。

つづいて「申し込み時の電話番号は自身の携帯番号にする」ことが重要です。

自宅にカードローン業者から電話がかかってくることはあまりありませんが、もしものことも考えて電話番号は携帯の番号を登録するようにしましょう。

バレる原因は郵送物か電話

カードローンに申し込んだことが親にバレてしまう原因は郵送物か電話です。

この点に気をつけておけば親にバレずにカードローンを利用することができます。

郵送物の有無や手続きの方法は各カードローン業者のホームページに記載されているので、申し込む際には必ずチェックするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする