学生が借りれるのはいくらまで?50万円借りることはできる?

借入額

急にお金が必要になることは誰しもあるはず。

学生も例外とは言えません。

そんなときに頼りたいのが親ですが、「心配をさせたくない」、「迷惑をかけたくない」と相談できずにいる学生も多いかもしれません。

そうなるとお金を工面する手段としてはカードローンやキャッシングが挙げられます。

ですが学生であればいくらまで借りることができるのでしょうか。

学生はいくらまで借りれる?

貸金業法では「総量規制」というものが設けられています。

これは個人の借入金額の総額は年収の3分の1以下でなければならないという規制です。

そのため年収が100万円の人は50万円を借りることはできません。

また「総額」というところにも注意が必要です。

年収100万円の人がA社で30万円、B社で30万円と借りることはできず、A社とB社の借入額の総額が年収の3分の1以下である必要があります。

学生も同様で、年収の3分の1にあたる金額が借りれる金額となっています。

50万円借りることはできる?

では学生の年収が150万円あったとすると、50万円借りることができるかというとそういうわけではありません。

カードローン業者は学生だと返済能力があるかどうか不安に思うことが多いようです。

そのためアルバイトや派遣社員で150万円以上の年収を得ていたとしても、初回に借りることができる額は30万円以下であることが多いとされています。

他にも「学生の場合は10万円まで」と借入額を制限しているカードローン業者もありますので、審査に申し込む前に確認しておくと良いでしょう。

なお、学生でも1回目から多額の借入を受けることができるカードローン業者もあるようですが、グレーゾーンの業者も多いようなので、怪しいと感じたら申し込みを中断するようにしてください。

今回は学生がいくらまで借りれるかをご紹介しました。

一般的には「年収の3分の1」と言われていますが、学生の場合返済能力が低いと思われるため、必ずしも年収の3分の1借りれるというわけではないようです。

カードローンを利用し期限内にしっかり返済するということを繰り返すと、信用が高まり借入限度額も上がると言われていますので、数十万円借りたい人は試してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする